ゴルフピラティス

ゴルフピラティスがあなたのゴルフを変える

  • ゴルフスイングが思い通りにできない、イメージ通りに身体が動かない、ゴルフをすると腰や腕など身体が痛くなる、飛距離が落ちた、方向性が悪い…
  • これまで、色々なゴルフクラブの買い替えや、色々な方法でゴルフ上達に取り組んだのに、結果に結び付いていない、むしろ身体を壊してしまう…
  • もう、ダメなのだろうかと諦めかけている…

思い通りにゴルフが上達しない原因は、あなたの身体にあるのかもしれません。
これまでゴルフには、トレーニングは不要といわれてきました。止まっているボールを打つゴルフはスポーツではない、といった認識さえありました。しかし、最近はゴルフクラブの進化にともない、ゴルフのスイング理論も進化しました。若手プロゴルファーたちの活躍等でアスリートゴルファーも増え、これまでのゴルフのイメージとは全く違う「スポーツとしてゴルフ」が脚光を浴びています。そして、ゴルフのスコアアップのために体幹をトレーニングすることは、もはや常識となっています。

体幹を鍛えることは、プロやアスリートゴルファーだけに当てはまることではありません。ごく一般のゴルファーにとっても、これからも長くゴルフを楽しむために身体のメンテナンスとして、体幹トレーニングが必要なのです。

ゴルフのスコアアップのみならず、ケガの防止や長く健康にゴルフを楽しむための身体作りをサポートしていく体幹トレーニングがゴルフピラティスです。

ゴルフピラティスで体幹を鍛えると…

まず身体が変わる

  • 肩甲骨の可動域が広くなる

  • 股関節が柔らかくなる

  • インナーマッスルが発達する

次にスイングが変わる

  • スイングアークが大きくなる

  • 体重移動がスムーズになる

  • 軸がブレなくなる

そして

飛距離が
伸びる


ゴルフピラティスの特徴について

ゴルフピラティスとは、ゴルファーが、けがや故障を予防しながら飛距離アップと安定性を保つことを、目的に考案されたピラティスエクササイズです。

ゴルフピラティスの特徴は、練習場やゴルフコースでも手軽にできることです。ゴルフピラティスは、立ったままでき、また特別な道具を必要とせずゴルフクラブを使ってできるからです。また、短縮性伸縮トレーニングとは異なり、ゴルフピラティスは、筋肉を伸ばし、呼吸をあわせて行うため、無理なく、けがなく筋肉を鍛えることができます。筋肉をリリースすることにより、本来持っている関節の可動域を取り戻し、腹筋など深層筋肉を意識して使い、骨盤を安定させることにより、効率の良いエネルギー伝達をめざしてゴルフスコアアップにつなげます。


ゴルフピラティスのエクササイズは次の3点を大切にしています。

  • ひとりでできること

  • いつでもできること

  • 簡単にできること

ケガや故障なく、自分流に楽しめるゴルフの実現。それがゴルフピラティスの発想です。

ゴルファーの悩みを解決するためのエクササイズメニューもご用意しています。個々に合ったゴルフの悩みの解決に取り組むことが可能です。思い通りにクラブを振ってイメージ通りの球を打つ。そんな目標に近づくためのエクササイズを練習に取り入れます。

ピラティスがゴルフに効く理由


ピラティスがゴルフに効く16の理由

  • 脳と筋の回路を良くする
  • 筋肉を伸ばしながら鍛える
  • インナーマッスルを鍛える
  • 正しい腹筋の使い方が身につく
  • 骨盤を安定させる
  • 背骨を正しい位置に戻す
  • 肩甲骨を安定して可動させる
  • ゴルフに大切な股関節に働きかける
  • 足裏センサーが敏感になる
  • バランスを良くする
  • 呼吸に合わせて動きながら行うので流れがある
  • エネルギーを感じる
  • 身体のセンターが意識できるようになる
  • 心と脳と身体の一体感が生まれる
  • メンタルをコントロールする
  • 身体の深層から動き始める

ピラティスについてさらに詳しく知りたい方はこちらへ


ゴルフピラティスのレッスンの進め方

  • ゴルフの悩み、現状、目標のヒアリングをします

  • 現在の身体の状態を知るための簡単なテストをします

  • テストの結果を基に、現在の身体の状態とゴルフへの影響を説明します


  • お問い合わせバー

    お問い合わせ