ピラティスとは

ピラティスは、1920年代にドイツ人の従軍看護師だったジョセフ・ピラティスによって開発されたエクササイズです。元々は、第一次世界大戦の負傷兵向けのリハビリテーションを目的としたフィットネスプログラムでした。
特徴として、以下のことがあります。


ピラティスの特徴

  • 横隔膜呼吸法を活用しながら主に体幹のインナーマッスルを鍛える
  • Mind over Body心と体の一体化をめざす
  • イメージとおりに(思い通りに)体を動かす
  • 日ごろの習慣や癖でついたからだの歪みを本来の状態にもどす
  • 筋肉を伸ばして使う
  • へそを背中におしつけるようにして腹横筋、骨盤底筋群をひきしめることにより骨盤安定をはかる
  • 背骨を1つ1つ動かす意識で本来のS字カーブを取りもどす
  • エネルギーの流れを感じる
  • 脳と筋の回路をよくする(考えながらエクササイズをおこなうため)
  • 正しいからだの使い方を体に再教育することによりケガ故障の軽減をめざす
  • 使っている筋肉に意識を集中させることにより効率のよいトレーニングをする
  • 短縮性収縮でなく、長く引き伸ばす意識で関節もリリースし、体のテンション(緊張)をほぐす
  • 左右対称のうごきを重視する
  • 各部のアライメントを大切にし、姿勢を正す
  • すべてのうごきは体の奥深く(お腹)からおこり常に芯(センター)を意識する
  • 強化、柔軟、バランス向上をめざす
  • 動きの流れを重視する

専用のマシンも使いますが、道具なしでも行えるのが魅力です。
マットやゴムバンド、ボールなどの器具を用いたエクササイズ運動もあり、場所をえらばずトレーニングができます。
ピラティスを行うことで、以下のような効果を得ることができます。


ピラティスの効果

  • 基礎代謝が向上する
  • 体の動作に無駄がなくなり、故障しにくくなる
  • 姿勢、歩行の姿勢が良くなる

トレーニングにおける動きが緩やかで体への負荷も比較的小さいため、主に女性の美容・健康法として行われることが主でした。しかし最近では、トップアスリートがトレーニングに取り入れ話題となっています。

ゴルフの上達に効果的なピラティス

ピラティスはさまざまな理由でゴルフ上達にとって効果的です。なかでも特筆すべきなのが、ゴルフのスイングは単純に「ひねる」という概念ではなく、「身体の中心(=背骨)からネジを回すようにひねり上げる:アウターの動きだけでなく体の深部の筋肉も安定筋としてきちんと使う」という点で、ピラティスと同様の動きをするということです。つまりピラティスによってスイング運動に適した身体作りが実現できるわけです。
また、スイングを同じ方向へ何度も繰り返すことにより、身体バランスを崩してしまうことがありますが、これをゴルフピラティスによってふたたび正しいバランスへと戻すことができます。

スイングにピラティスを融合

使用道具なし
効果ゴルフスイングのアドレスで腹筋を使う

スーパーマン

使用道具ビッグボール
効果背中を使って首・肩をリラックスさせる

バイシクル

使用道具トラピージテーブル
効果腹筋をより使い骨盤を安定させて股関節の動きをよくする


ハーフ・ロールアップ

使用道具ビッグボールとスモールボール
効果骨盤の安定・始動で腹筋を使う訓練

オブリーク ニュートラルスバイン

使用道具スモールボール
効果骨盤を安定させ腹斜筋を使う

シングル レッグ

使用道具リフォーマー
効果ニュートラルスパインで骨盤を安定させる


サイド ステップ

使用道具チェアー
効果軸足の安定