理想のグリップが手に入る魔法のグローブ

ゴルフ指導のはじめは、姿勢、構え(アドレス)、ゴルフクラブの握り方(グリップ)です。ゴルフは覚えることが多いですね。その中のグリップは、ゴルフクラブと身体の唯一の接点です。身体のエネルギーをクラブヘッドに伝えるとても大切な部分がグリップです。
そんな大切なグリップなのに、適切なグリップで芯をとらえているゴルファーは意外と少ないです。

グリップについて、私の生徒さんの声
  • ・手のどの部分を使い、どのくらいの力で、左手、右手の一体感を感じながらどのように握れば良いのか分からない
  • ・グリップに不安を覚える、グリップがずれてしまう。ずれないように強くもつと力んでしまう
  • ・毎回同じようにグリップできない、長年ゴルフをしていて今更グリップのことなんか聞けない

グリップは、ゴルフクラブとゴルファーの身体をつなぐ唯一の接点であり、正しいスイングを導くための起点でもあります。正しいグリップはゴルフの基本中の基本、その重要性は言うまでもありません。

しかし、そんな大切なグリップであるにもかかわらず、効率の良いエネルギー伝達ができるグリップをされているゴルファーは、100人中1人いるかなと言う位、極めて少ないという実感です。

私は、長年ティーチングプロとしてゴルフに関わる仕事をしてきました。しかし、手の大きさも感覚も生徒さんによって千差万別です。そのため、画一的に正しいグリップやスイングを伝えることは、とても難しいです。それでも色々工夫をして左右の手の位置、関節の使い方、強さ、両手の一体感をレッスンで何とかお伝えできないものかと、これまで努力をしてきました。しかし、私が思う程に生徒さんに定着しないという悩みを抱え続けていました。

グローブ制作のきっかけ

それでも、生徒さんが自立して正しいグリップやスイングを修得・定着できる方法はないかと、試行錯誤を繰り返しました。その結果、ある時グローブにマジックインキで正しくグリップするためのポイントを描くことを思いつきました。早速、生徒さんのグローブに実際描いて試してもらいました。すると、大きく改善効果が見られました。試していただいた生徒さんからは、「ぜひ商品化をして欲しい」という声が上がる程の好評をいただきました。

理想のグリップを手に入れてメキメキ上達していく生徒さん達を見ているうちに、みんなに使ってもらいたいと考えるようになりました。しかし、手書きで一人ひとりに手渡しでは限界があります。そこで、製品化して多くの人に使ってもらえるようにしたいという気持ちが強くなり、今回のプロジェクトを立ち上げることとなりました。

シングル・ナインは、使ってくれるゴルファーがシングルを目指せるような理想的なグリップを一人で簡単にできるように示したグローブがあったらいいなという思いから生まれました。このシングル・ナインが、これからゴルフを始める人や伸び悩んでる人、シングルプレーヤーを目指す人、競技ゴルフを楽しむ人、それぞれのレベルでグリップについて新たな発見がたくさんあればいいなと願っています。

シングル・ナインを使って、より多くのゴルファーに簡単に芯でとらえる心地よさを体感していただき、ゴルフをもっと楽しんでもらいたいと願います。ゴルフ用品の開発は、私にとっても初めての挑戦です、皆様何卒よろしくお願いいたします。

シングル・ナインで、一人でも多くのゴルファーの方に理想のグリップをお届けしたいと思います。

目指せシングル!
正しいグリップが手に入る「シングル・ナイン」とは

シングル・ナインは、グリップを握る位置、合わせる位置、圧、ゴルフクラブを支える箇所を点や線で示した両手用のゴルフグローブです。手のひら側にプリントされた線や点をゴルフクラブのグリップにあてがったり、左右のグローブにプリントされた同じ印の部分を密着させたりすることで、自然に理想的なグリップを握ることができるようになります。

うまく握れていないグリップは、スイング中にズレます。シングル・ナインは、強く握らなくてもズレることのない密着グリップを実現しました。スイング中のズレがなくなると、ズレを修正するための無駄な動きが必要なくなります。結果として、スイングがシンプルになり、芯でヒットする確率が上がります。

これまで左グローブだけが当たり前だったゴルフは、両手グローブが当たり前になる日も近いと思います。

理想的なグリップになることで、両手の一体感、右手の使い方が分かりやすく、強く握らないグリップを体感でき、腕、肩、上肢の力みがなくスムーズにクラブが振れるようになります。力みなくスムーズにスイングすることで、飛距離アップと安定性アップを期待することができます。また、理想的なグリップは、地面→身体からのエネルギーをクラブを通して増幅させ、ヘッド→ボールに伝える為に身体とクラブの唯一の接点であるグリップでエネルギーロスをさせないので、身体への負担が減るので怪我の予防にも効果があります。良く言われている「左手優位、右手は添えるだけ」という一般的な説明とは違う、ゴルフクラブを右手でコントロールすることで右打ちゴルファーの右手パワーを引き出し、パワー伝達と安定性の両方の効果によってボールを芯でとらえやすくなって、今まで体験した事のないような強くて逞しいショットが打てるようになります。結果として、ボールを上手く遠くに飛ばすことができるようになります。

PCT 国際出願 特許出願中(PCT/JP2017/019696)です。

「シングル・ナイン」を使ったグリップの握り方

シングル・ナインを使うと、わずか3ステップで理想的なグリップになるように設計されています。

その3ステップとは、以下の3ステップです。

手の甲を上にして両手の指を広げてパーの手にしてから、写真のように隣の指同士を付けます。特に、親指と人差し指はそれぞれ指の付け根にある●同士を合わせるようにして付けます。
右親指と人差し指を付けた先にできるV字を右肩と右首の間を向くようにします。その向きが右手のニュートラルグリップの目安になります。この動作は、クラブを握ってからでも良いですが、握る前に手だけで確認した方がわかりやすいです。
左は右に比べて挟み具合は少ないですが、指の付け根はしっかりと締める意識をしてください。

グリップしたときにこの指の形にすることで、シャフトがずれず、グラつきのないグリップができるようになります

左手からグリップを黒線に沿ってあてがいます。あてがう際に黒線のどこがグリップの面にあたるかは握り方によります。左手の黒線がグリップの下に当たればウィークすぎますし、グリップの上に当たればフックすぎます。グリップの左側少し上からあてがうことで、左手握り拳が2個自分からみえるニュートラルグリップの目安になります。腕の付き方は個人差がありますので、だらんと左肩から腕を下げた手の向きで線にグリップが沿うように握るのが目安です。
人差し指から小指の腹には、●があります。この部分で吸盤のようにグリップをおさえます。ぎゅっとグリップを握るのではなく、黒線にあてがいグリップを指でひっかけ、指の腹の●でグリップを抑えます。

右手も中指と薬指にある黒線に沿ってグリップします。右手も左手同様、指の腹にある●は、吸盤のようにグリップをおさえます。

人差し指は、太い黒線部分の関節を曲げてかぎ状にし、細い4本の黒線のあるところでシャフトをひっかける(受け止める)ようにして、バックスイングのトップでクラブの重さを感じられるようにシャフトをひっかけます。ダウンスイングからフィニッシュまで、指先が遊ばないようにしっかりと指を曲げてグリップをひっかけてください。

左手親指横側と右手生命線に沿ってがあります。右手と左手それぞれのは、チャックを締めるように重ね、右手で左手を押して圧をかけるように密着させます。グリップによって重なり具合は異なりますが、のある面同士が合うことが大切です。
両手の一体感を出す大切なポイントです。
スイング中、ここが離れないようにすることが大切です。

以上の3ステップで、クラブがズレることなくスイングでき、ヘッドスピートを上げ、芯でヒットする確率が上がることが期待できます。

多くのゴルファーは、軽く握るとスイングしたらクラブがズレる・クラブはしっかり持たなくてはいけないからと、手に力を込めてぎゅっとクラブを握ろうとします。それが結果として、手首の硬いグリップとなり、それが力みに繋がり、しなやかに腕を振ることが難しくなっています。
シングル・ナインによって、クリップを「強く握る」ということから、「指でひっかける、はさむ」という感覚に代わるので、クラブを強く握る必要がなくなります。ですから、力みなく腕をしなやかに振れるようになります。
結果として、ヘッドスピートが上がり、芯でとらえる確率が高くなります。

実際に「シングル・ナイン」を使用したゴルファーの感想

この他にも、試着レッスンで次々と成果が出た!と生徒さんからうれしいご報告いただいておりますので、ご紹介させていただきます。

  • 60代女性:HD16 シングル・ナインを試着したら、いつものグリップと微妙に違うと感じました。その感じを忘れずに打ったら、芯でとらえる感じが分かり、飛距離が伸びました。ピュンと振りぬけて左にひっかからなくなりました。
    自信が出来たので、2年以内にHD13を目指します!
  • 50代女性: 長年ゴルフをやってますが、これまで120を切れませんでした。しかし、レッスンを受け始めて半年でベストスコア114が出ました。
    シングル・ナインを着けて打つと、腕に力みが入らなくなり、ミスショットが激減し、とても楽しくゴルフできるようになりました。
  • 50代男性: ゴルフを始めるので1から習いに来ました。チカラ任せに打っているのはわかっていましたが、どうしても力の抜き方が分かりませんでした。
    シングル・ナインにしたら、自然に脇がしまり、グリップを手のひらで握りこまなくなりました。
  • 40代女性: これまでゴルフの次の日は身体が痛く、つらかった。でも、レッスンを受けだして色々と改善していくうちに、ラウンド後の体の痛み、次の日に疲労感がまったくでなくなりました。
    取り組んでいるのは姿勢改善とグリップ。言葉だけではなかなか理解しにくく、覚えにくかったグリップが、とても分かり易く、見たらわかるように作られているので、一人での練習でもポイントをしっかり復習できて実のある練習ができ、成果につながっています。
    ラウンド行くのが楽しみになりました。
  • 20代男性:ゴルフ歴1年 シングル・ナインを着けてグリップしたら、クラブが飛びそうに思ったが、自分でも驚くほどスムーズに振りぬくことができた。ダフリが多かったのがウソのように、インパクトの音が良く、感触もよくなった。
    こんなに軽くでいい、これまで力を入れすぎて上手くいかなかったという事が分かった。

FAXでのご注文

FAXでご注文される方は、こちらの用紙をプリントアウトして、必要事項をご記入の上、ご注文してください。

取扱店のご案内

店舗名ゴルフショップ マンスリー
所在地奈良県奈良市大宮町2丁目5-15
電話番号0742-34-5678
営業時間11時~20時
定休日日曜日
店舗名ナパラゴルフクラブ
所在地天理市山田町888番地
電話番号0743-68-6000
URLwww.napara.co.jp
店舗名アーバンゴルフ烏丸御池
所在地京都市中京区衣棚通御池上る
下妙覚寺町195 KMGビル5F
電話番号075-222-2611
営業時間月~金 / 10:00~21:30
土 / 10:00~20:30
日祝 / 10:00~19:30
URLwww.karasumaoikegolf.jp
店舗名高の原ゴルフセンター
所在地奈良県奈良市奈良阪町2624-1
電話番号0742-26-1061
営業時間平日/9:00~23:30
土日祝/7:00~23:30
URLtakanohara-golf.com

「シングル・ナイン」についてのお問い合わせ

シングル・ナインに関するご質問、お問い合わせは、こちらからお願いいたします。